2020年05月01日 ニュース

【ニュースリリース】料理が映えるテイクアウト用のスキレット型容器を販売開始


PDFはこちら

料理が映えるテイクアウト用のスキレット型容器を販売開始

できたてを演出し、容器で料理をレベルアップさせる

テイクアウト用のスキレット型容器

食品用プラスチック容器を製造販売する廣川株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:廣川信也)は、「料理をより魅力的に演出できる容器」をコンセプトに開発したスキレット型容器を2020年3月1日より提供開始しました。

スキレットとは鉄製の小さなフライパンを指し、そのまま皿としても使用できるお洒落な調理器具です。今回提供を開始したスキレット型容器は、本体とフタのセパレートタイプで、本物そっくりな見た目で“できたて”を演出することができます。

本体は黒のPPF(フィラー入りポリプロピレン:熱に強い特徴がある)を使用することで耐熱力にも優れ、電子レンジの使用が可能です。フタはOPS(二軸延伸ポリスチレン:張りが強く透明性に優れている)を使用することで、中の料理が映える透明度を追求しています。

本体

フタ

機能面では電子レンジの使用が可能であるほか、内嵌合(フタが容器本体の内側ではまること)により汁漏れを防止。また、商品陳列時の転倒防止につながる積み重ね形状は、小さな専門店やスーパーマーケットなどの限られた売り場での陳列効率が上がるよう設計されています。中身の保護や売り場での作業面に考慮された容器は既に多く存在しますが、見栄えが良くそのまま食卓に出せるという点は、この容器ならではの魅力といえます。惣菜やパン、スイーツといった幅広いジャンルでの使用が見込まれます。

テイクアウト需要が増えた今、「ありそうでなかった」に着目し、容器で他店との差別化を図ることができる容器を提供していく予定です。

 

<報道関係者の問い合わせ先>

廣川ホールディングス株式会社
企画制作室 其田(ソノダ)
TEL:06-6768-0186
E-mail:sonoda@hirokawa.co.jp


<製品に関する問い合わせ先>

廣川株式会社
エースパック事業部

大阪本社 吉倉(ヨシクラ)
TEL:06-6768-0181
E-mail:yoshikura@hirokawa.co.jp

東京支社 赤松(アカマツ)
TEL:03-3863-8230
E-mail:akamatsu@hirokawa.co.jp